【キングダム考察】信の嫁は!?結婚するのは羌瘣か河了貂か?六大将軍王騎の夢を継ぐ

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(キングダム お前の子を産む 34巻 引用)

キングダムの中で登場する女性キャラは多くありません。

戦国時代ですから、
本来なら一人もいなかった可能性もありますが、
それだとさすがに華が無さすぎますね。

実際には、
それなりの数が登場しているように思えます。

信は史実で言うところの「李信将軍」です。

そして、
彼には子供がいました。
(後の世でも有名になる人物もいます)

ということは、
誰かと結ばれているってこと。

一体誰??





最有力の羌瘣!?

一番有力視されているのが羌瘣ですね。

それもそのはず、
最初から苦楽を共にして仇討ちが終わって再会した後には宣言しています。

羌瘣「お前の子を産む」(34巻より)

作り方については、
なんでも知ってる羌瘣も知らなかった様子で、
河了貂に教えて貰っていましたね。

何にしても、
そのつもりがあるということでしょう。

この羌瘣との関係は、
王騎将軍とキョウの関係によく似ています。

残念ながら、
彼らは結ばれずに終わりを迎えてしまいますが、
大将軍の元で育ったキョウが同じく大将軍となり戦場を闊歩する。

そして、
約束の時に嫁に・・・というところで、
龐煖にキョウが討ち取られてしまいました。

この関係との対比で見ても、
やはり羌瘣こそが嫁の最有力候補だというのは変わらないでしょう。

羌瘣の活躍は趙滅亡まで?

ではいつ夫婦としての関係になるのか考えてみましょう。

羌瘣の活躍は、
鄴攻めから8年後の趙滅亡の時までです。

これ以降の活躍はあまり知られていないので、
タイミングとしてはこの趙滅亡の時なのではと推測されています。

最強の敵と思われた李牧のいる趙の滅亡。

一時の落ち着きという意味では、
このタイミング以外にはちょっと考えにくいと言えるでしょう。

ただ、
始皇19年のこの趙滅亡の時。

信や羌瘣の年齢はおそらく30オーバー。

この時代で考えると、
遅すぎるってことになります。

そうなると、
鄴攻めから趙滅亡までの間に結婚するのかもしれません。

羌瘣が龐煖に狙われるという、
王騎将軍と同じパターンも考えられるでしょう。

それを食い止めるために、
趙滅亡の時に信は太原や雲中という全く別の場所に出征していたという事も。

⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?

河了貂の可能性は?

同じく序盤から一緒に生活をしていた河了貂。

実際には、
羌瘣よりも早くに出会っています(再会まで女だと知りませんでしたけど)。

河了貂に寝ぼけて信が抱きつくシーンが描かれるなど、
なんとなくそうなってもおかしくないような状況もありましたね。

ただ、
河了貂は飛信隊の要です。

大将と参謀が蜜月の関係というのも、
生き死にがかかっている場面においてはプラスに働かないでしょう。

言ってみれば、
河了貂が狙われた場合、
大将である信は自らの命を投げ出してでも救いにいく可能性があるからです。

そうでなくても、
捕らえられただけでも更に鬼気迫るものになるはず。

それよりも、
河了貂がいなければ、
飛信隊の軍力が大幅に低下するという現実です。

子供が生まれたから~といって戦を休めるほど、
甘い世界ではないと言えます。

それを加味しても、
参謀の河了貂と結ばれる可能性は極めて低いと言えますね。

⇒【最後の戦は起こらない!?斉の約束





全く別の誰か!?

戦場という意味では、
河了貂も羌瘣も同じく飛信隊にとって無くてはならない存在です。

しかしながら、
羌瘣は将軍として別の戦に登場することも出てきます。

河了貂は飛信隊の軍師なので、
この隊を出て戦うということはないはずです。

どちらにせよ、
戦がある以上は、
誰かの嫁というのは難しいと考える事も出来ますね。

だとすれば、
全く別の誰か。

そんな可能性もあります。

ひょっとしたら、
政の子を産んだ向の友達の陽と言う可能性は・・・ありますね。

王様の相手を・・・、
とも思いましたが信が将軍職になり、
政が問題無いと言えば成立することもあるのかもしれません。

このあたりは、
実際の世界ではなく漫画ならではの緩やかな設定がそうさせることも。

何よりも、
陽がもしも李家の人物だった場合は、
その可能性が濃厚になります。

⇒【信が李信に改名する理由!?

最終的にはやっぱり羌瘣で決まりか?

色々と考えてみても、
最終的にはやはり羌瘣が最有力と言えますね。

鄴攻めの後の空白の羌瘣の歴史。

そこで、
信と結ばれて子供を授かっていたとすれば、
年齢的にも史実的にも成立します。

また、
羌瘣は将軍として飛信隊を離れることになるので、
一緒にいることによるデメリットは発生しません。

すでに、
将軍として武功を上げている信ですから、
羌瘣も信もいない間に見ていてくれる乳母のような存在を雇う事も出来るでしょう。

何よりも、
王様である政の親友です。

そのあたりの配慮は確実にされますね。

信の嫁は・・・やっぱり「羌瘣」と信じたい。

ね、騰。

ハ、その通りです。

【こんな記事も読まれている】

⇒【趙と因縁の閼与の戦いが再燃!?
⇒【桓騎は李牧に敗北!?扈輒に勝利!?
⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【蒙恬が万里の長城の大功績の礎!?
⇒【最後の戦は起こらない!?斉の約束
⇒【司馬尚が三大天確定!?
⇒【信が李信に改名する理由!?
⇒【中華十弓ランキング!
⇒【武将の強さランキング(TOP10)
⇒【楚の大戦は強敵全員集合!?





The following two tabs change content below.
王キン将軍

王キン将軍

キングダムは史実を参考にしながら進むオリジナルストーリーで中国史が好きでも純粋に愉しめるのがいいところですよ、ココココ。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

    • ろい
    • 2017年 4月 11日

    面白かったです!
    でもキョウカイと結婚してしまったら
    名前がリカイになってしまうので、陽あたりが濃厚かも!

    • M
    • 2017年 5月 03日

    まぁ、羌瘣が自分も最有力かと思いますが漫画の中で羌瘣は「飛信隊を一生離れる気はない」と言っていますし将軍になって隊を離れる線はまず無いと言っていいかと。あの様に誓った言葉をあっさり無かった事にして他の隊を作る事はまずしないと思いますしね。でも子を授かったとして羌瘣が隊を一時的に隊を抜けるのは痛いと思うし陽ちゃんの線が一番辻褄が合うんじゃないかなぁーと個人的には思います。

    • p@
    • 2017年 5月 11日

    詳しくないですが、この時代の将軍なら一夫多妻もあるのでは?
    捕らえられた河了貂の「信と幸せになる」という目標も明らかになってますし、河了貂と羌瘣の仲も良いですし・・・。
    とにかく、恋愛関係が全く発展しないまま大人になっていってしまう状況に読んでる方が焦ってしまっていますw

    • K
    • 2017年 5月 16日

    李信将軍の嫁の名が河了貂です
    『軍師河了貂』は漫画オリジナルの設定ですが、軍師として李信を支える設定は個人的には漫画ならではで面白いと思います。

    • K
    • 2017年 5月 16日

    李信将軍の嫁の名が河了貂です。
    「軍師河了貂」は漫画オリジナルの設定でが、信を支える軍師の設定は個人的には漫画ならではで面白いと思います。

    • 匿名
    • 2017年 6月 20日

    中国や朝鮮は結婚しても嫁の名字はかわらないから

    • 匿名
    • 2017年 8月 18日

    李信の嫁の名は史実では明らかになってないぞw
    大分前のネットのエイプリルフールネタを信じたお馬鹿さん

    • 匿名
    • 2017年 8月 18日

    そう嫁が李さんである必要は全くないんだよね、夫婦別姓なんだから
    まぁ作者のコメントからしてもキョウカイに決めてるんでしょ

    • くま
    • 2017年 8月 18日

    中国は夫婦別姓だからね、嫁は李さんじゃないよ
    作者のコメントから察するなら、やっぱりキョウカイなんじゃない
    テンの一緒に幸せになりたいは、別に結婚したいて訳じゃないよみたいだし
    キョウカイの目標はダイレクトで誤魔化せないよね

    • くま
    • 2017年 8月 18日

    後、信の嫁の名前は史実では不明なので、どうとでも出来るよね。子孫の名前しか分からない。
    河了貂て情報は昔ネットのエイプリルフールネタで出回ってたやつだろな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.4.18

【七つの大罪考察】エスカノール正午の闘級を計算で予想!人間族の頂点強すぎる!!

(七つの大罪 エスカノール“探知” 149話 引用) 魔神族にも引けを取らない 人間族の最強の男、 エスカノール! しかし、…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.9.14

【東京喰種:re考察】“そこから先は知らない、ここで竜を”の意味とは!?旧多の言葉の続き

(石田スイ先生 東京喰種:re 12巻引用) 「sokokarasakinokoto hasiranai kokoderyuwo」…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る